Asia Presswire - Japan Press Release

Asia Presswire helps increase the precision of clients' press releases to hit the target quickly and effectively. Asia News Report's team is highly experienced in sentiment analytics and can expertly drive interactions, new audiences and trackable engagement. email: asianewsreport@gmail.com

2019年06月

Guo Mohan、美しい少女「Mulan」はハンマーで美しさを創り出す

1

中国の古代の歴史の中で、子供時代から非常に男の子っぽい、刺繍をかけてKong Fuを愛していた "Mulan"という名前の女の子がいました。戦争が起こると、ムーランは男の服を着て、病気の父親の代わりに軍に加わりました。その後、彼女は指揮官まで成長し、彼女の兵士たちを勝利へと導いた。それは好きな物語になりました。
 2
ランニング時代(郭モハン)120×100cm

中国の河北省出身の美しい少女、Guo Mohanは、父のGuo Haiboの影響を受けて、他の女の子のようにピアノや絵が好きではありませんが、冷たい鉄板にハンマーで叩いて鮮やかなエンボス画像を作成します自然、人間、そして動物として。

鉄板色の銅エンボスは、世界の芸術と工芸の歴史の中で新しいスキルです。芸術を愛し、金属材料の研究に従事しているGuo Haiboと彼の兄弟によるホーニングと実験を通して創造された新しい芸術的表現でもあります。私たちが通常尊敬する芸術作品は、紙やキャンバス、あるいは石膏、セメント、大理石による彫刻です。毎日鉄板や銅板を扱う郭兄弟は金属の冷たい質感に深く魅了され、彼らは鉄板や銅板の上に鮮やかな芸術作品を作り出す方法を考え始めました。まず、スケッチを手で描き、それから慎重にハンマーで鍛造し、最後に研磨や焼き付け着色などのバティック技法で美しく仕上げると、鉄板色の銅のエンボスが生まれます。驚くべき芸術的効果が観客を魅了し、中国政府によって無形文化遺産として挙げられています。
 3
カングリンポチェ(郭海宝、郭Mohan)100×120 cm

Guo Mohanは男性より劣っていないが、彼女の父親のキャリアを継承している。彼女は彼女の父親によって作成された素晴らしい美しさを愛し、それに彼女の人生を統合します。目標を達成するためのプロセスは、特に金属を扱うための限られた強さを持つ少女にとっては決して簡単ではありません。彼女の人生の大部分はスタジオで過ごされ、Guo Mohanは孤独を受け入れます。彼女の腕は腫れていますが、彼女はそれにぶら下がっています。彼女の成長と共に、「滑らかな水の中」、「山岳民族の希望」、「走る時代」などの優れた作品が彼女のハンマーの下で生まれました。それは観客に比類のない美的感覚を生み出しました。世界に新しくて貴重な芸術の富を残しなさい。

現在、美しいGuo Mohanは河北産業職業技術大学の芸術学科の教師です。歴史の中の「ムーラン」のように、モハンも軍を率いていますが、彼女の軍隊は戦争のためではなく、美しさと文明を創造するためのものです。彼らは職業の困難を克服し、人生の衝動を解き放ち、しっかりとした地面に足を踏み入れ、感謝と着実に前進します。
                            
メディア連絡先
会社名:越明(北京)文化発展グループ
都市、州、国:北京、北京、100022
住所:No. 20 E 3rd Middle Ring Rd。 che城センター棟5階
お問い合わせ先:Susan Cui
テレ:+86 18611005073
ウェブサイト:http://www.yuemeiculture.com

富士通、時差出勤を促進 東京都交通局様のオフピークポイントサービスを支える新システムを構築

改札の入出場データを高速集計し、ポイントサービスを活用した時差出勤を促進

東京, 2019年6月27日 - (JCN Newswire) - 当社は、時差出勤の促進に向けて東京都交通局様が実施する、「都営交通2019夏の時差Bizキャンペーン」を支えるオフピークポイントサービス(注1)を実現する新たなポイント計算業務システムを構築しました。本システムは、キャンペーンが開始される2019年7月22日から稼働します。

東京都交通局様がこの度初めて実施される、「PASMO」と連動したポイントサービス「ToKoPo」を活用したオフピークポイントサービスは、キャンペーン期間に時差出勤した方に対して「ToKoPo」にポイントを付与し、さらに獲得ポイント数に応じて抽選で豪華景品が当たるサービスです。ポイント計算業務システムは、当社のデータ加工ソフトウェアにより、「PASMO」を用いた改札機の入出場データの膨大なログ収集からポイント付与までの一連の高速集計を実現しました。

これにより、東京都交通局様は、収集した改札の入出場データを活用した新たな施策検討を推進していく予定です。

背景
東京都様は、社会の生産性向上に向けた重要な課題の一つとして満員電車の混雑緩和を目指し、2017年7月より、時差通勤で混雑を緩和する「時差Biz」に取り組まれています。「時差Biz」は、企業や個人単位で参加でき、ラッシュの時間帯を避けた通勤を促すことで、満員電車を回避しストレスや疲労軽減につなげ、従業員の働く意欲向上を目指した取り組みで、企業と個人の双方がメリットを享受できる働き方の実現を支援するものです。

東京都交通局様は、改札機の入出場データを用いた新システムにより、通勤ラッシュの時間帯を避けて都営交通を利用した方に対してポイントを付与するサービスを、2019年7月22日から9月6日までの平日に実施します。

ポイント計算業務システムについて
-「ToKoPo」に登録している「PASMO」利用者の入出場データを収集し、会員情報とポイント付与条件に照らし合わせて会員ごとのポイントを計算し「ToKoPo」に付与するシステム。

- 膨大な改札機の入出場データを処理するため、当社のデータ加工ソフトウェア「FUJITSU Software Interstage Data Effector(インターステージ データ エフェクター)」(以下、Interstage Data Effector)を活用し、自動改札機の入出場データの収集からデータ抽出、会員情報とポイント付与条件との照合、およびポイント付与までの一連の集計の高速化を実現。

- 新システムにより、システムを管理していた職員の負荷軽減と、都営交通の利用者に対する新たなポイント還元を実現。

オフピークポイントサービスの概要
2019年7月22日から9月6日までの平日に、始発から7時30分、または9時30分から10時30分の間に、都営地下鉄各駅または日暮里・舎人ライナー各駅の自動改札機を出場された際に、以下のポイントを「ToKoPo」会員の方へ付与します。

ポイント付与期間(平日のみ)
8月5日~8月16日 9月2日~9月6日 ポイント付与数 5
7月22日~8月2日 8月19日~8月30日 ポイント付与数 15

また、事前に景品応募へ登録された会員の中から抽選で景品を贈呈します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/06/27.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。 

トピック: Press release summary
セクター: ElectronicsEnterprise IT 
http://www.acnnewswire.com 
From the Asia Corporate News Network 

Honda、世界選手権参戦60周年をむかえる

東京, 2019年6月27日 - (JCN Newswire) - Hondaは創業当時から世界の頂点を目指し、モータースポーツへの挑戦を続けています。

1954年に創業者の本田宗一郎が、“世界一への夢の達成”を目指して当時の世界最高峰であるFIM※1ロードレース世界選手権(以下、WGP)の「マン島T.T.レース」への出場を宣言。その後5年を費やしてマシンを開発し、1959年6月3日に日本の二輪車メーカーとして初めてマン島T.T.レースの125ccクラスに、鈴木淳三選手、谷口尚己選手、鈴木義一選手、田中楨助選手の4選手がRC142で出場してから、60年の節目をむかえることができました。

その後、挑戦の歴史は二輪車にとどまることなく、1964年には四輪車の最高峰レースであるFIA※2フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)のドイツGPにロニー・バックナム選手がRA271で参戦しました。そして、その後も長きにわたり、世界の頂点を目指したレース活動を続けてきました。また頂点レースだけでなく、二輪車・四輪車ともに多様なカテゴリーのレースに参戦することで、技術と人を磨くとともに、多くのお客さまと楽しさ、喜び、感動を共有してきました。

Hondaのレース活動における挑戦の歴史の象徴である、マン島T.T.レース参戦から60周年となる今年を、「Honda Racingアニバーサリー・イヤー」とし、記念イベントを数多く実施していきます。これによりこれまでレース活動を支えていただいた、多くのお客さまやモータースポーツ・ファンの皆さまとともに、喜びを共有していきます。あわせて、Hondaがレースに参戦する意義や歴史を、広く伝えるとともに、次世代にも伝承していきたいと考えています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/c190627b.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。 

トピック: Press release summary
セクター: AutomotiveDaily NewsEngineering 
http://www.acnnewswire.com 
From the Asia Corporate News Network